2008 年 6 月 29 日

6月最後の粟国島! 粟国・渡名喜ツアー報告

Filed under: 粟国渡名喜,2008年のツアーの様子 — admin @ 5:03 PM

土門チーム:前日の予報では南西の風やや強し。「こりゃ粟国は厳しいかな~」と思わざるを得ないほどだったのですが
ふたを開けて見れば「意外にいけちゃうんじゃない?」という海況。

船長もGPSでコースを確認して「いざ!」

1時間20分後 航海の間 寝ていた人たちの目の前に粟国島がど~ん!
1本目は「筆ん崎」です。
そう、お目当てのギンガメアジの群れがいるポイントです。
今回ご参加の皆さんにとってもやはり主役。
ここは他にもナポレオンが出たりイソマグロが出たりの大物ポイント。お客さんの中には
「今回の目的はナポレオンですからっ」という方も。

早速準備を整えて、次々にエントリー。

入ってみると「意外に流れもあるじゃなーい」

大量のキンギョハナダイに包まれながら岩につかまって(ボトムクロール)流れに逆らい2番の根の向こう側の様子を見に行くと・・・碧くひろがる透明度の良い海とアカモンガラの群れ。

お目当てのギンガメアジはどこ?
しばらくの間 サーチモードに入って根の周りを移動です。

遠くに大物のシルエット!

これはナポレオンか?と興奮しながら近づいてみると・・・
大きなカンムリブダイでした。

その後3番の根に移動したのですがこのダイビングではギンガメアジは不発。

お昼休憩も取りたいので穏やかなポイントに移動して2本目は癒しの1本を。
~なんて話でエントリー。

ここもアカモンガラが多いです。せっかくのドリフトなのでもう少し流して移動。
続いて大きな根のところでじっくり撮影タイム。
キンギョハナダイをマクロで撮ったり、ハタタテハゼに超接近したり。
ゼブラハゼも居ましたね。

「もう少し沖に移動しよう」

前方にカスミチョウチョウウオの群れ。時々カスミアジ。

更に ここではバラクーダが登場!

癒しのはずが結構興奮のダイビングとなりました。

そして昼食の後 改めて筆ん崎に挑戦。

3本目。
1本目よりも流れはきつくなっていましたが大丈夫。行けます♪
そして早速 ナポレオンに遭遇

しかも4個体です!
じっくり撮影して まずは一安心。この調子でお目当てのギンガメアジにも会いたいなぁ なんて思いながら更に移動。

そしたら居ましたー!

やっぱりここだったかーという根と根の間。
ここでもじっくり撮影できました。婚姻色のペアもたくさん。

大満足のうちにエグジット。

今回の粟国ツアーも大成功でした!!

2008 年 6 月 14 日

南風に吹かれて 渡名喜・粟国ツアー報告

Filed under: 粟国渡名喜,2008年のツアーの様子 — admin @ 5:01 PM

南風太田チーム

朝から気持ちがいい南が風に吹いていて沖縄はもう夏!?
しかし、今日は粟国・渡名喜ツアー 南風が強いと粟国のギンガメはちょっと難しかったので、渡名喜島に行ってきました。

狙うはカメパラダイスのアンジェラ口に
1本目はアンカーリングでまったりとツバメウオたちを被写体にじっくり撮影しましたよ!
透明度抜群の中、太陽の光を浴びながら気持ちよくツバメウオ達と一緒に泳いで満喫した後ゆっくり船に戻ろうとしたとき大きなアオウミガメが登場!
距離が離れていたのでじっくり観察は出来ませんでしたが、沖縄ブルーの海を独り占めでした!
安全停止でマクロ系を探していたらビックリ!2cmもないぐらいのフリソデエビ発見!
写真には残念ながら納めれませんでしたが、はっきり確認できましたよ!


2本目はドリフト!狙うは、もちろんアオウミガメ目指せ個体数二桁!
エントリーして5分もかからないうちに早速姿を見せてくれました!
ここからは振り向けばあちら、こちらにウミガメだらけ!
慶良間でみるカメより1まわりも2まわりも大きいカメで皆、大興奮でしたよ!
余裕で10個体以上はみることができましたよ!

他にも面白い顔をしているマルコバンや1.5m級のイソマグロなどエキジット前には2mはある大きなバラクーダが悠然と泳ぎ回っていて思いもよらない生物登場に皆、ビックリでした!

最後は慶良間に戻り黒島北でのんびりマクロ系で潜ってきましたよ!
こちらも渡名喜に負けないぐらいの透明度でした。
探していたモンツキカエルウオは見つからなかったですが、ウミウシなどは沢山いましたよ!

今回はマクロから大物まで幅広く楽しめました! 

2008 年 5 月 25 日

やっぱりこの海はスゴイ! 粟国・渡名喜ツアー報告

Filed under: 粟国渡名喜,2008年のツアーの様子 — admin @ 5:41 PM

太田チーム

今年3度目の粟国・渡名喜ツアー 今回も大当たり!


沖縄ブルーに囲まれながら5月24.25日に行ってきましたよ!
天気予報もいい感じに外れてくれて正にダイビング日和が続きました。

初日は渡名喜島で本当に龍宮城につれて行ってくれそうなアオウミガメを20固体以上見て、慶良間や真栄田で見るより1回りも2回りも大きなツバメウオ足りに囲まれ、何千匹ものキンギョハナダイの中に一際鮮やかな色のアカネハナゴイなどトロピカルな魚達に囲まれてカメラのバッテリーとメモリーはいくつあっても足りないほど皆シャッターを切っていましたよ!

2日目
朝から皆さんちょっとテンション低め・・・
昨日の時点でもしかしたら粟国は無理?と、ちょっと諦めムードがあったのですが、ギンガメトルネード目指しますよ!
の一言で皆さんテンション急上昇!ニコニコ
ポイントに近づくにつれてワクワクとドキドキが増してきて。
皆の鼓動が聞こえるほど!

はやる気持ちを抑えていざ、エントリー!
僕が皆の目の前にポジションをとっているのになぜが目線が合わない!?
それもそのはず僕の真後ろに500匹を超えるギンガメアジがトルネードのように渦を巻いているではないですか!
巨大なロウニンアジもギンガメの周りをウロウロしながらアタックのチャンスをうかがうハンターに!

皆、無我夢中でシャッターをきっていた瞬間ロウニンアジがギンガメにアタック!ハンティングは失敗していましたがあの巨大な魚が信じられないスピードでギンガメを追い回すシーンは迫力満点でしたよ!

何か気配を感じ後ろを振り向くと1,5メートルぐらいのナポレオンが登場!
皆、ギンガメを撮るかナポレオンを撮るか迷うぐらい、また、ナポレオンの後ろから大砲のようなイソマグロが現れまったく移送せずに大物を満喫できてとってもラッキーでした!

船に上がってきてからも皆、興奮が冷め止まずもう、満腹状態でした!

2本目3本目は渡名喜島へ移動してグルクの崎、ブルーホールを満喫しきましたよ!
何回見てもブルーホールの青い光は時を忘れるほど癒されますね!

今回の粟国・渡名喜ツアーも1本1本印象に残るダイビングでエキジット際は後ろ髪を引かれる思いでしたよ!
やっぱりこの海はすごい!行った人にしかわからない感動が必ずある海です!

2008 年 4 月 20 日

第一弾 渡名喜・粟国ツアー

Filed under: 粟国渡名喜,2008年のツアーの様子 — admin @ 5:42 PM

太田チーム

今年一発目の粟国ツアー行ってきました!

ドキドキ感とちょっと緊張感と期待度が入り混じりいざエントリー!
やはりここは、魚影が濃いですね!
しかも、いる魚いる魚、慶良間に比べると1回りも2回りも大きい!!

初めは綺麗なキンギョハナダイが沢山群れていてよく見ると婚姻色の個体もちらほら!
真っ青な海にひときわ目立つ色をしていてとても鮮やかでした!

ギンガメを求めて移動すると、明らかによく見かけるホワイチップではないサメが登場!距離が離れていたので識別をはっきりは出来ませんでしたが迫力満点!

ギンガメを捜し求めて移動してもなかなか出会えずあきらめかけたときいました!
渦を巻くようにギンガメアジが150匹ぐらい!
そこに1.5mを超えるロウニンアジがうろうろしていて僕もお客さんもアドレナリン大放出でした!

やっぱりあの迫力は見ないと言葉に言い表せないですね!

最後は渡名喜島に移動してアカネハナゴイやハナダイなどの華やかな世界を堪能しているときに、あまり見る機会が少ないアカウミガメまで見れて最後は癒されてきましたよ!

今日のお客さんは最後までラッキーでした!

帰航時にイルカの群れに2回も遭遇して船上は大興奮!
綺麗な夕日を見ながら本当に大満足な一日でした!

HTML convert time: 0.190 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved