2008 年 6 月 29 日

6月最後の粟国島! 粟国・渡名喜ツアー報告

Filed under: 粟国渡名喜,2008年のツアーの様子 — admin @ 5:03 PM

土門チーム:前日の予報では南西の風やや強し。「こりゃ粟国は厳しいかな~」と思わざるを得ないほどだったのですが
ふたを開けて見れば「意外にいけちゃうんじゃない?」という海況。

船長もGPSでコースを確認して「いざ!」

1時間20分後 航海の間 寝ていた人たちの目の前に粟国島がど~ん!
1本目は「筆ん崎」です。
そう、お目当てのギンガメアジの群れがいるポイントです。
今回ご参加の皆さんにとってもやはり主役。
ここは他にもナポレオンが出たりイソマグロが出たりの大物ポイント。お客さんの中には
「今回の目的はナポレオンですからっ」という方も。

早速準備を整えて、次々にエントリー。

入ってみると「意外に流れもあるじゃなーい」

大量のキンギョハナダイに包まれながら岩につかまって(ボトムクロール)流れに逆らい2番の根の向こう側の様子を見に行くと・・・碧くひろがる透明度の良い海とアカモンガラの群れ。

お目当てのギンガメアジはどこ?
しばらくの間 サーチモードに入って根の周りを移動です。

遠くに大物のシルエット!

これはナポレオンか?と興奮しながら近づいてみると・・・
大きなカンムリブダイでした。

その後3番の根に移動したのですがこのダイビングではギンガメアジは不発。

お昼休憩も取りたいので穏やかなポイントに移動して2本目は癒しの1本を。
~なんて話でエントリー。

ここもアカモンガラが多いです。せっかくのドリフトなのでもう少し流して移動。
続いて大きな根のところでじっくり撮影タイム。
キンギョハナダイをマクロで撮ったり、ハタタテハゼに超接近したり。
ゼブラハゼも居ましたね。

「もう少し沖に移動しよう」

前方にカスミチョウチョウウオの群れ。時々カスミアジ。

更に ここではバラクーダが登場!

癒しのはずが結構興奮のダイビングとなりました。

そして昼食の後 改めて筆ん崎に挑戦。

3本目。
1本目よりも流れはきつくなっていましたが大丈夫。行けます♪
そして早速 ナポレオンに遭遇

しかも4個体です!
じっくり撮影して まずは一安心。この調子でお目当てのギンガメアジにも会いたいなぁ なんて思いながら更に移動。

そしたら居ましたー!

やっぱりここだったかーという根と根の間。
ここでもじっくり撮影できました。婚姻色のペアもたくさん。

大満足のうちにエグジット。

今回の粟国ツアーも大成功でした!!

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.227 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved