2015 年 1 月 24 日

ボートマスターへの道

Filed under: ブルーフィールドのお話 — admin @ 8:54 PM

こんにちは。
パソコン少し慣れてきた谷瀬です。

ここ数日間の出来事をまとめますね。
20日にビーフラップ号を宜野湾マリーナにて上架してからは、
傷ついている所の修理やメンテナンスをスタッフ皆でやっています。

因みに僕、上架って船を陸に上げる事だと最近知りました。
上架と言ってもビーフラップ号は、カタマランと言って、双胴船
で船首が2つ有るので陸に上げるのも大変でした。

船は、係留していると、船底に藻や貝などが付いてスピードも遅くなって
しまうので船底には、特徴な塗料を塗ってあります。

船底掃除は、陸に上げる前に水中である程度のやっていたので上架してからは、
貝もあまりついてませんでした。

水中で船底掃除をやると、陸で体制がキツイ裏側や掃除中は、中性浮力の練習に
なり一石二鳥です。
そんな、船底も今日でかなりキレイになりました。
あとは、割れている所の修理や、船体に入っているラインも引き直ししたりして
どんどん綺麗になっていきますよ。

また、上架作業アップしていきます。

2011 年 10 月 31 日

ダイビングの後は…船上にて焼肉!

Filed under: ビーフラップ,ブルーフィールドのお話 — admin @ 6:23 PM

ハイタイ、山崎です。

今日は、ビーフラップ号にて、チービシと沖縄本島近海を楽しんで来ました。
のんびり二箇所移動で2ダイブ。そして、そのあとは…みんなの大好きな焼肉をいただきました♪

今日のダイビングポイント:
①神山ラビリンス(チービシ)
②イナンビシ(沖縄本島)

昨日から、お友達に誘われて体験ダイビングにいらした○○○様(みんなであだなつけちゃいました)、繊細な耳の持ち主。昨日は、耳抜きが不調で、なかなか潜降できませんでしたが、2回目ともなると、心得たもので、いざ水中での呼吸に慣れたら、ゆっくり潜降に成功♪
お友達と水中で会うこともできたし、念願のニモ(カクレクマノミ)を筆頭とするクマノミ達にも会えました。
セジロクマノミとハナビラクマノミの合いの子?なんていう珍しい子も見ましたよ。

エンリッチド・エア(ナイトロックス)でダイビング

土門率いる、ファンダイバーチームは、背中にずらりとエンリッチド・エア(ナイトロックス)のタンク。
うち、3名は、ランチタイムにも盛り上がっていましたが、ブルーフィールドで五十嵐、大谷、山崎と体験ダイビングをし、それから一念発起でライセンスを取得し・・・とあっという間にエンリッチド・エアを使いながらヤシャハゼやムチカラマツエビの撮影に精を出したりと、その成長ぶりが頼もしい!
チービシでは、地形を堪能し、砂地の生物たちを。イナンビシでは、がっちりと、ヤシャハゼやチンアナゴを撮影。
クマノミパラダイスのクマノミの撮影は、いつまで経っても飽きませんね。

さて、風が強かったため、港についてからの昼食になりましたが・・・
今日の焼肉は、北谷町の港というところにある、日の出焼肉さん提供のとっても上等なお肉♪
ダイビング後にお腹がペコペコの皆さん、炭でお肉が焼ける香りはたまりませんでしたね。

日の出焼肉さんの、とっても美味しいお肉たち pa310007

今日は日の出焼肉の、オーナーご夫妻も体験ダイビングでご乗船。
なんでも、体験ダイビングはもう30回ぐらいしているとか。とっても上手で大谷と一緒にスイスイ潜っていましたよ。

船上にて焼肉パーティ♪ (沖縄 ダイビング) 美味しそうに焼けてますねー

あ、気がついたら、食べ物の写真ばっかりでした!
ビーフラップ号の上では、太陽のサンサンと射す慶良間の綺麗な海の上でも、嘉手納漁港のある比謝川でも、料理がいっそう美味しく感じられます。
特に、船上で炭で焼く焼肉は格別!今日のお肉も石垣牛など特上のものばかりでしたし、普段のプレミアムツアーでも、ちょっとしたフルーツジュースがとってもおいしいのです。

焼肉やBBQなど、様々なご要望にお応えします。
ビーフラップ:チャータープラン

そして、最後にみんながお世話になっている大好き日の出焼肉さんのご紹介:
昭和レトロ酒場 日の出焼き肉
〒904-0114 沖縄県中頭郡北谷町港8-2
098-989-0297
17:00~24:00(L.O 23:30)
土・日12:00~24:00
公式ページ:http://zenpou03.ti-da.net/
むすびタウン沖縄内の紹介ページ

沖縄県産牛をメインとした品揃え、とてもリーズナブルなのに抜群においしい!
ぜひ、北谷方面にお越しの際は、いらしてくださいね♪

2011 年 10 月 17 日

渡名喜1泊ツアー

はいさい!大谷です。

第一回!ビーフラップで行く渡名喜1泊ツアーの報告です!
ドリフトを主体に慶良間、渡名喜の海を楽しんできました~♪
海況に悩まされた部分もありましたが渡名喜島に上陸をしての島散策や情緒溢れる建造物など普段では経験することのできない世界を満喫してきましたよ。

14日 朝日が昇る前の嘉手納漁港に今回のツアー参加者が集合
静まり返る海の上にいる中今回のツアーのイメージが頭の中で駆け巡ります。。。
ダイビングはコンディションを見てポイントのチョイスを、慶良間と渡名喜をあわせて1日4diveです。
まずは、潮の流れも緩やかな【黒島北ツインロック】でウォーミングアップ
だーれもいない黒島で潜れるというだけでちょっとワクワクしますね~
いつも見る天然のヤギも姿が見えません。まだ寝ているのかな?

渡名喜1泊ツアー!

離れ根は大物こそはでなかったものの、あいかわらずの魚影の濃さ!
キンギョハナダイやグルクンが一面に乱舞しています。
一番の盛り上がりを見せたのはツアー1dive目のエントリーの瞬間 1人がエントリーすると拍手と歓声が上がっていましたね(笑)

そして2dive目は【自津留】
ここのポイントは先日の早朝調査ダイブで潜ったときにホワイトチップやカスミアジ、マダラトビエイなどを見ることができたので
ちょっとした大物も期待しながら、、、
緩やかな流れに乗ってなだらかにくだる根の際を泳ぎながら先端のイソバナを目指して泳いでいきます。
目の前を色とりどりの魚が泳いでいくのを見ながら ふっと水面を見上げると朝日の光と頭上を泳ぐ魚のシルエットは普段の
ダイビングでは感じることの出来ない幻想的な風景でした。
早朝ダイビングのときに感じる水中のあの独特な雰囲気はダイバーの特権でしょうね。

自津留カスミアジ

2本目をエキジットしてくるとそろそろ慶良間に何隻かの船がやってきました。
ここからビーフラップは今回のメイン舞台である渡名喜島へ舵をとります
天気も良かったこの日は渡名喜までの30分を船首で寝そべりながらちょっと昼寝(?)をしていても気持ちが良いものです。
そうこうしているうちに渡名喜へ到着。

もうすぐ渡名喜

3dive→お昼ごはん→4dive目は【アンジェラ口】
いわずと知れたカメポイントです。
ガメラ級に大きなアオウミガメがじゃんじゃんと出てくるのです。
この日も大きなカメが続々と登場。
視界の中に4個体もいたシーンもありましたね~
水深25~30mの崖には慶良間ではなかなか見かけないハナゴンベもエンリッチを使っていれば3dive目でもじっくりと撮影に専念できます。
浅瀬にはハマフエフキが30匹くらい群れていて その群れの中には大きなマルコバンも数匹混ざっておりついつい浅瀬でも粘ってしまったのでした♪

アンジェラ口マルコバン

慶良間と渡名喜をガツンと4diveした後には渡名喜島へ上陸!
この時15:30

渡名喜島入港

僕も島の上陸は初だったのでちょっと(いや~かなり!)わくわくです。
島に入る直前に小雨が降ってきたのでとりあえず今回お世話になる宿【ふくぎ屋】へチェックイン
一息つく間もなくBFチームは遊びに!
実は前からちょっと(いや~かなり!)渡名喜に行ったらこれだけはやっておきたい!
それは【リアルマリ〇カート】!!

エコカー

1人乗りのエコカーです。
これさえ手に入れば渡名喜島をぐるーっとドライブして1周することができるのです。
これがまぁ~~楽しい!!
普段は真面目に仕事している僕でもこれに乗った瞬間に子供に返っちゃいましたね~!(笑)
そんなこんなで遊びながら島を回っているうちにすっかり夜に。
夜はアンジェラ口の砂浜 あがり浜でBBQ~♪
、、、、のはずが夕方から降りだした雨はやまずに食堂の縁側の屋根の下でBBQです!
黒毛和牛サーロインや石垣牛肩ロースステーキに知る人のみぞ知るブランド牛の山城牛中落ちカルビなど沖縄でも高級クラスの肉をオリオンビール片手に満腹になるまで楽しんできましたよ♪

黒毛和牛サーロイン

そして宿に戻る時にはふくぎ並木の道の足元がライトアップされていて映画のワンシーンに出てくるような雰囲気。
ついついいつもよりも歩調をゆっくりとしたくなるような。。。

ふくぎ並木

沖縄の古民家がそのまま残っている渡名喜は小さな集落に人口約300人の村民が暮らしています。
今回お世話になる宿も昔使用していた民家をそののままの形を残しているもので自然の中で遊ぶ者としては高級ホテルよりもなんだか心が落ち着くなぁ。。。(高級ホテルも泊まってみたいけど)

ふくぎ屋

この島は村民全員が家族のようなものだと今回お世話になった方はおっしゃっていました。
島の人間ではない僕たちが雨の中を歩いていれば「乗っていきなぁ~」っと気軽に車に乗せてくれたり、電波が届かなく携帯などの通信が使えなければ使えるところまで連れて行ってくれたりとなんとも心の温かい島でしたよ♪

15日 8:00港集合
朝ごはんを船で食べてから またダイビング三昧な1日がスタートです!
さぁー今日はどこに行こう。。。
ちょっと風が強いなぁ~うねりも結構あるなぁ~っといった感じで
渡名喜はあきらめて慶良間へ向かうことに。
1dive目は【ウチャカシ】
深場からじっくりと探っていきヤギの裏に一生懸命に隠れているホホスジタルミの幼魚などを撮影
そして、ここのポイント1番の見所のダイナミックな地形と自然が作り出した水中階段は迫力満点!
その後は風の向きが変わったり雨が強く降り出し視界が悪くなりとドリフトには悪条件な状況に。。。
2・3dive目は知志でアンカーリングと黒前崎でゆるーくドリフトで普段とは違ったルート取りなどをして楽しんできました。

慶良間ドリフトビーフラップ

渡名喜ツアーラストを締めくくる4dive目は【男岩】
慶良間のドリフトといったら男岩!!
大物が回遊してきやすい位置で根待ちをするも、、、ん~
場所を変えてしばらくしたら小ぶりではありましたがイソマグロ、大きなクロヒラアジなど
ラストダイブを満喫して締めくくりました。

男岩

帰りは連日のダイビングと夜の疲れかみんな爆睡していました。
気づいたら港へ着岸。。。あっというまの渡名喜1泊ツアー
ダイビングに島での遊びに夜のBBQと大!大!大満喫な2日間でしたー!

集合写真!全員揃っていないですが・・・

今回のツアーを終えて・・・
楽しい!!の一言!
この先もこんなツアーをちょくちょくやって行きたいなぁ♪
やりますよー!!
また渡名喜1泊or他の島?かは分かりませんが来年も必ずやりますよー!
参加条件は【がっつりダイビングを楽しみたい方】もしくは【ダイビングは1日2~3本で良いけど離島に行ってゆっくり遊びたいなぁ】という方!
企画しますので待っていて下さいね~♪

エンリッチド・エアーナイトロックスダイビング

2011 年 10 月 9 日

B-FLAPプレミアムクルーズで慶良間ファンダイビング

Filed under: 慶良間,沖縄ファンダイビング — admin @ 10:52 PM

はいさい!大谷です。
今日もスウィフトとビーフラップの2隻運航で ともに慶良間ダイビングを楽しんできましたよ!
朝は海のコンディションもとてもよくて潮風を感じながら慶良間までの1時間をのんびりと・・・

1本目は座間味島のドラゴンレディへ
砂地の沖にある大きな岩にはヨスジフエダイやアカヒメジがどわっと群れています。
チンアナゴが群れているところでは慎重に慎重に姿勢を低くしながらみんなで観察
そして、ここのポイントのメインディッシュ 小さなエビたちが群れる岩へ
岩の上にはスカシテンジクダイが群れていて、周りの砂地がその綺麗さをさらに倍増させてくれていますね♪
下のちょっと薄暗いところを覗けばユカタハタをクリーニングしているアカシマシラヒゲエビや中層を漂い続けるソリハシコモンエビがたーくさん!
ビデオを片手に粘るIさん、コンデジを片手に粘るYさん・・・2人の感想はもっと粘りたかったな~!!
いつまでも撮影し続けたいと思うくらいに群れていましたね~♪

チンアナゴ

そして、2本目は島を変えて渡嘉敷へ
サンドトライアングルです。
砂地にふらふらと漂うオビテンスモドキやサンゴの群生の影に身を潜めているのはミノカサゴの子供でしょうか。
自分でいろいろと生物を探したり、カメラで楽しんだりと皆さん思いも思いに楽しんでいましたね。

いつもビーフラップに乗船していただいているIさんとYさんも毎回の楽しみだと高評価なのが
テーブルいっぱいに並んだ料理をお腹いっぱいに食べること!(笑)
今日も鳥の丸焼き?!や沖縄の食材を使った料理に船長特製のマーボースープなどを満足いくまで食べれて大満足♪
お腹もいっぱいになったら温かいコーヒーを飲んでちょっと休憩。。。
周りを見渡すと大きなダイビングボートが何隻も並んでいます
Hさんはおもわず「周りの船は~人がたくさんですね~」っと、ちょっとセレブタイムをすごしていたので感覚が、、、
満席の船に1日乗っていてもそれと同じ時間、ビーフラップで過ごすのとでは
同じ時間なのになんだかビーフラップの方がゆっくりとした流れに感じるんですよね~♪

プレミアムクルーズ

ラストはタマナーファームでカメダイブ!
今日はなんだかカメよりもウツボのほうが多かった気が・・・
Yさんもこのウツボがお気に入りのようでニンマリの表情。
僕がカメラを構えたらウツボの後ろでひょっこりと♪

ウツボ~集合写真

明日も慶良間へ行ってきまーす!!

エンリッチド・エアーナイトロックスダイビング

2011 年 10 月 4 日

B-FLAPチャーターでゆったり空間を♪

Filed under: ビーフラップ,沖縄ファンダイビング — admin @ 9:39 PM

はいさい!大谷です。

今日は海のコンディションもよくなってきてスウィフトは慶良間まで潜りに行ってきました。
僕は午後からビーフラップチャーターの方と一緒に近海で楽しんできましたよ!
いつもブルーフィールドへ遊びにきてくれるYさん。今回はお母様をつれて2人でのんびりと、、、

沖縄 チャーター

ポイントは読谷村の沖にある浅瀬へ。
なかなか普段はこないポイントですが、砂地が綺麗なところやソフトコーラルの群生にクマノミといろいろな生物が群れていて案外楽しめるポイントです。
これから何度か調査して新たなるNEWポイントにもなるかも?!との噂もあるほどです!
今日は1diveでダイビングは終了。

クマノミの卵ソフトコーラルの群生

雨も降っていたのでキャビンの中でお昼ご飯です。

今日のリクエストは【和食】
沖縄ではなかなか食べることができない湯葉や新鮮な魚を使った刺し盛りに西京焼きなど栗ご飯もなんだか久しぶりに食べたなぁ~。。(笑)

ビーフラップチャーター和食

時間を気にせず、自分たちのペースでゆっくりとした時間を半日楽しむことができましたね♪

明日も慶良間へ行ってきます!

エンリッチド・エアーナイトロックスダイビング

2011 年 9 月 25 日

慶良間で様々なポイントへ。。。

Filed under: 慶良間,沖縄ファンダイビング — admin @ 9:09 PM

ハイタイ、山崎です。

今日は東からの風。
お天気にも恵まれて、スウィフト号も、ビーフラップ号も、慶良間を目指します。

朝、9時にいっせいに嘉手納の港を出航し、比謝川の河口を2隻が連なって出る様は壮観ですよ。

今日のダイビングポイント:慶良間諸島
渡嘉敷島にある「アリガー」や「野崎」。儀志布島の「タマナーファーム」「サンドトライアングル」「アカヤー」などで潜ってきましたよ。

p9250001 p92500011

スウィフト号の五十嵐・山崎チームはお久しぶりの方も含め、体験ダイビングの付添いのつもりできたけどガッチリとファンダイビングを楽しんだ方も。
ウミガメを見たり、華やかなスズメダイたちの乱舞に囲まれてみたり。野崎でのハナゴイの群れがみんなの周りで泳いでいるときは、圧巻でしたね。
お母様を体験ダイビングに連れていらしたかたもいらっしゃいましたね。

大谷・土門のビーフラップチームは、エンリッチド・エアのタンクを背中に楽しむかたもいれば、仲良し同士で慶良間とジンベイを目当てにいらした方も。
夕方は、SP取得を目指して、エンリッチド・エア・ダイバーの講習が行われましたよ♪

さて、明日も海況は良さそうです。どこまで遊びに行きましょうか?

2011 年 9 月 24 日

ビーフラップでケラマプレミアクルーズ♪

ハイタイ、山崎です。

今日は、生憎の曇と雨模様でしたが、華やかな水中に、ビーフラップ号でケラマへ出航してきました。
ビーフラップ号は、今日はプレミアクルーズ。大谷・川瀬・山崎のチームで、ファンダイビングを、ドリフトダイビングも混ぜながら、3つの島をめぐり、楽しんできました。

今日のダイビングポイント:慶良間諸島
①黒島南(黒島)
②ケラマハナダイの根(座間味島)
③アリガー(渡嘉敷島)

黒島南では、ゆるーく流れる中を、イソバナが咲いているところや、大きなウミウチワを見たり。
んー、狙ったマンタには逢えませんでしたが、ワイドに楽しむダイビング。大谷・川瀬チームはドリフトで潜りました。

p924002211 p92400441

いつもなかなか出かけない、ケラマハナダイの根では、オス・メス両方が乱舞するようすをウォッチング。
根の下をのぞくと、ソリハシコモンエビが大きなウツボをクリーニング。アカシマシラヒゲエビも隠れています。
ガーデンイールの撮影にみんな精をだしていました。

p9240052 p9240008

アリガーでは、ゼブラウツボが顔を出していました。
いろいろ探すと、ムチカラマツにはペアのムチカラマツエビ。それから、イソバナにはイソバナガニが無数についているところもありました。

p92400241 p9240054

アリガーでのダイビングでは、大谷チームは大きなマダラエイを見たようですよー♪
五十嵐・山崎チームは、大きなネムリブカを覗いてきました。

p92400291 p92400321

お昼ごはんには、様々な食材を使ったお料理を。
ナーベラー(ヘチマ)が入ったお料理には、みんなドキドキしながら挑戦しました。
こんなコも。。。

p9240025

2011 年 9 月 10 日

ドリフトで慶良間ダイビング!

Filed under: ビーフラップ — admin @ 9:29 PM

はいさい!大谷です。

昨日はプレミアムクルーズとしてビーフラップの運航でした。
体験ダイバーの皆さんと優雅な慶良間ダイビングへ出かけていきましたよ♪
トウマ湾内のトウマ西でまずは水慣れのスノーケリング
前日も潜っているMさんはさすがっといった様子で水面でスイスイ泳いでいます。
他のみなさんも水面から見る慶良間の海に感動しつつもまずはダイビングへ向けての練習です。
呼吸器の使い方やマスクの中に水が入ってしまったときの対処法などを練習します。
とても初ダイビングとは思えないくらいの出来栄えでしたね~
わくわくしながらエントリー。
ハナビラクマノミやハマクマノミのほかにも細長ーいアオヤガラを見つけては一生懸命カメラのシャッターを切っていましたね。

2本目のダイビングはカメを狙いにタマナーファームです。
エントリー直後に船のすぐ近くにアオウミガメの発見!!
そーっと近寄ってお昼寝シーンを観察。
その後も泳いでいると続々とカメに遭遇です。
合計4匹は間近で見れたんじゃないのかなぁ~♪

プレミアムクルーズ慶良間体験ダイビング沖縄ダイビング

天気も良くて少人数でのんびりと潜れましたね♪
次はライセンスを取って一緒に慶良間ダイビングを楽しみましょう!

そして、、、
今日もスウィフトとビーフラップに分かれて出航。
スウィフトは英語と日本語が飛び交うインターナショナルチーム
ビーフラップは体験ダイビングとファンダイビングの2チームです

大谷担当のファンダイバーチームはなんとこの時期では滅多にないマンツーマンダイビング!
初めての慶良間ダイブのIさんは出航時から期待からちょっとテンション高め♪
1本目のポイントのパライソに到着して水面を見ると水底まで透き通ってみえます!
この慶良間の透明度の高さにIさん思わずさらにテンションアップ!!

ここではゆる~く流れているのでアンカードリフトでエントリー。
根と根の間のクレパスを泳ぎながら沖縄らしいカラフルな魚たちをのんびりと撮影。
ハナヤサイサンゴの隙間にかくれるカスリフサカサゴやカサイダルマハゼなどをじっくりと。
クマノミは一生懸命にヒレを動かして卵に新鮮な水を送っていましたよ。

クマノミの卵パライソ

太陽も出ていて透明度は抜群!そんな時は真っ白い砂地で頭を空っぽにしながら泳ぐのもダイビングの醍醐味♪
Iさんと一緒に癒されきました。
浅瀬に上がればハマフエフキや特大バラフエダイが群れていてちょっと大物気分を味わえましたね~!
初慶良間のIさんにとってはインパクト大なファーストダイブだったでしょう。

そして、2本目は黒島南
ここもゆるーく流れているのでスズメダイ系の魚に加えてハナゴイやグルクンが乱舞していましたね。
そして岩の窪みにはアオギハゼやお子ちゃまホワイトチップシャークもいましたよ♪
安全停止をする根の上にはハナヤサイサンゴが点々と生息するためカメラ片手に潜るとついつい3分以上粘ってしまいます。

アオギハゼ

ラストダイブは黒島西へ
深場への斜面沿いを泳いでいるとここでもホワイトチップの登場です。
今回のはちょっとサイズアップで中学生くらいかな?
キンギョハナダイやウメイロモドキ、カスミチョウチョウウオも群れていてどこを見ても魚が視界にはいるくらいの魚影でしたね♪
そして、安全停止で沖へ出していくとグルクンが川のように僕たちの真下を通過。
どこまでこの群れは続いているんだ!と思うほどにいつまでも途切れずにグルクンリバーが続くのでした。。。

明日も2隻で慶良間へ行ってきます!!

エンリッチド・エアーナイトロックスダイビング

2011 年 9 月 7 日

今日も慶良間へファンダイビング

Filed under: 慶良間 — admin @ 8:07 PM

はいさい!大谷です。

今日もスウィフトとビーフラップに分かれて慶良間へ行ってきましたよー!
ダイビング日和の今日はスウィフトは満員御礼!

スウィフトが満席という事でビーフラップも出航です。
ビーフラップの特徴をいかしたスタイルで少人数でゆったりと大きな船をのんびりと過ごしてきましたよ。
今日ビーフラップに乗船したYさんご夫婦はラッキーな1日となりましたね♪

さて、今日も北風のためまずは座間味島のトウマ湾内からスタートです。
1.トウマ西
沖に群生するユビエダハマサンゴに生息するクロオビアトヒキテンジクダイが今なんと口内保育をしているとの噂を聞きました
早速その噂を確かめるために見に行ってきましたよ♪
サンゴの隙間に隠れているテンジクダイをよーく見てみると何匹かほっぺたがぷっくりと膨れているものがいることを確認できました!
狭い隙間に生息しているためよーく見ないとわからないですが、たまに口を開けると銀色の卵がびっしりと入っていましたよ
さすがにその証拠写真は撮れなかったですが、この口内保育シーンが見れるのも期間限定です!
1年に何度も見られるものではないので貴重な場面ですよね♪

2本目はトウマの方まで足を伸ばしてきました
真っ白い砂地にポツンとパッチリーフがあってそこにはデバスズメダイがこれでもかっ!っというくらい群れています。
沖縄の海を想像したときにこんな風景が皆さんの頭の中に浮かぶんじゃないかなぁ~っと思えるくらい絵になるのです。
他にもカクレクマノミやガーデンイールもじーっくりと撮影です。
Yさんは1眼カメラを手に満足いくまで粘って撮れましたね♪

ビーフラップラッキーデーガーデンイール

お昼ごはんを食べ終わったらラストは
サンゴが綺麗な野崎です。
メインのサンゴの群生が広がるところへ行くと一面に広がるサンゴとデバスズメダイやグルクンなどカラフルな魚が群れています。
1,2本目はマクロレンズをつけて潜っていたYさんもここぞとばかりにワイドに変更です。
思いのままにシャッターを切っていましたね~♪
あの光景には毎回驚かされますが、超特大モヨウフグの登場にはもっと驚かされましたね!
Yさんのホントに目の前まで来て、あの歯を見たらちょっと怖さを感じるくらいでしたよ!

野崎慶良間ダイビング

今日は砂地にサンゴ、マクロにワイドと普段ならなかなかできないスタイルでまったり潜れましたね♪
明日も2隻に分かれて慶良間の海を楽しんできます!!

エンリッチド・エアーナイトロックスダイビング

2011 年 9 月 3 日

ビーフラップ

Filed under: 未分類 — admin @ 3:29 PM

昨日まではかなり荒れた海でしたが かなり落ち着いてきました。

スウィフトとビーフラップで慶良間を目指しましたよ~

トウマ西
トウマ
ドラゴンレディでした

image

image

image

次ページへ »

HTML convert time: 0.556 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved