2010 年 12 月 14 日

ビーフラップ 宮崎港→志布志港 《新艇回航紀-5日め》

Filed under: ビーフラップ,ブルーフィールドのお話 — admin @ 11:35 PM

さて、宮崎に足止め中のビーフラップ。

昨日の海況予報では、このまま数日間足止めか。
と、思いましたが、2晩お世話になった宮崎港を出発したようです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ビーフラップの水野です。

兵庫県から沖縄までの回航5日目となりました。
前線や寒気などで海は思ったより苦戦しております。

朝起きると快晴の空ですが相変わらずの北西の強い風です。
宮崎港から南下するには大丈夫という読みで宮崎港を出航です。

dsc_0126

そう、ここに係留場合はこの場所がよいでしょうね
漁港より手前の工事船岸壁です。

dsc_0127

さて、宮崎港をあとに南下をするのですが
シーガイヤが遠くに見える間は波マシで青い空です

dsc_01281

鹿児島に入る頃から、北側からの追い波に揉まれ始め
南下するにつれて南のうねりも発生です。

沖合いから目指す内之浦港に連絡すると…
『今日は漁船だらけで入港不可』との回答です。

んー、志布志港に行き先を変更し
『ビーフラップ発進』です。

鹿児島南沖では相変わらず強風が吹いているためか
志布志湾は猛烈な向かい風です。

ビーフラップの2階はテントで囲まれており
乗組員もそこで見張りをします。

しかし、今日の波はすごかった…

波が多少あるときはこんな感じ

dsc_0130

すごい波の時は2階までこんな感じ

dsc_0132

全く視界がしぶきで見えません

ま、そんな中3名はがんばり何とか志布志港へ到着です

dsc_0133

ここの港湾管理の方もとっても親切で
軽トラでお出迎えしてくれ、燃料、水手配もしてくれました。

dsc_0134 dsc_0138
周辺マップのコピーにはマークを入れてくれてて助かりました。

さて、今日は4時間程度の走行だったので
お昼はいつもの2品です。

dsc_0136
トッピングに生卵で豪華にもなりましたね。

明日から天候不良により待機の予定ですが
まだ元気です。

ca3e0278

志布志港より回航記でした。

水野

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

なんとか、1歩前進ですね。

雪山で吹雪がひどく周りが何も見えなくなることを「ホワイトアウト」といって、方向間隔を失ってパニックになったりするそうです。
まさしく、ホワイトアウトのような厳しい航海ですね。

でも、見知らぬ港でも海の男同士の友情とサポートがあって心強いですね。

安全を第一に。無理せず頑張ってください。


ferr_bt1
1210
12111
1213
1213_1
1214


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.328 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved