2013 年 1 月 15 日

最高にオモロい渡名喜1泊ツアーの楽しみ方

Filed under: スペシャルツアー2013,渡名喜 — admin @ 7:53 PM

はいさい!大谷です。

6/1-2開催の渡名喜1泊ツアーの楽しみ方を皆さんにお知らせします!

2日間でケラマ&渡名喜でのドリフトダイブを最大8dive!
海況とリクエストによってポイント選択を行っていきますが、
エキスパートダイバー勢揃いですので安全の範囲内で最高のアドベンチャーダイブで行きます!

昇始めたばかりの朝日を背にツアーの楽しみと期待を感じながらケラマへ向けて出航!

まだ船が一隻もいないケラマの海を貸切ダイブです。
去年は黒島北→ウチャカシでイソマグロやダイナミックな地形を満喫した後に渡名喜へ渡ってさらに2ダイブ
渡名喜でも大物狙い!ガメラ級のアオウミガメを楽しんだあとは、ナカルマ!
ぶりっぶりに太ったイソマグロの群れ、ギンガメやロウニン、マダラトビエイの飛行軍隊を狙いに!
しかーし!この時の海況が・・・う~ん全てはうまくいかない。それが自然ですね

初日最終ダイブの後はいよいよ渡名喜島上陸です!

まずは宿へチェックイン。
宿は沖縄の昔ながらな赤瓦の屋根をした古民家。
集落をはしる細い砂利道はふくぎ並木となっており、住民の方々がのんびりと暮らす様子は沖縄本島でも見る機会が減ってきたリアル沖縄がそこにはあるのです。

そして、宿についたらまず行う事
ブルーフィールドでは定番の遊びとなったもの、それが噂の・・・
マ○オカート!!
1人乗りの電気自動車です。このアイテムを手に入れた瞬間に全ての大人は少年時代へとタイムスリップ!
さぁ、島内ドライブの始まりです!
峠を登っていくといくつもの休憩所があり、そこからの景色が最高に綺麗!!!
大海原に点在しているケラマ諸島が秘境の地のように感じる壮大な風景なのです。
いつも潜っているダイビングポイントのビーチへ行ってみたり、途中で商店に寄って皆でアイスを頬張りながらのんびりと~

日が傾き始める前にBBQの準備です!
皆で協力をして炭に火をつけて、野菜やお肉を用意します。
ビールを片手にお腹いっぱいになるまで食べ、食べ、飲んで・・・
ダイビングの話やどーでも良いようなしょうもない話でひたすら盛り上がっていきます!
気がつけば夜空には満点の星空。外灯の少ない渡名喜島では晴れていれば物凄い数の星を見ることができとーってもロマンチック~な雰囲気♪
しかし、翌日も朝一からのダイビングがあるので夜ふかしはせずに就寝・・・
宿への道中は綺麗にライトアップされたふくぎ並木が素晴らしいと感じるのは決してほろ酔い気分だったからではないでしょう!

去年は何故か朝5時頃に突然目が覚めてしまった僕は、例のマ○オカートに乗って朝日を見にビーチへ。

う~ん。綺麗だ
こんな清々しい朝を迎えるのは実に何年振りだろうか・・・

そして、朝食を船で済ませたらいざ出航!
港を出たらもう渡名喜ダイブの始まりです♪素敵すぎるこの環境!
今年の目標は「グルクの崎」での早朝ダイブ!
名づけて・・・朝グル~~
きっと綺麗なんだろうなぁ~・・・あ~待ち遠しい♪

海のご機嫌を見ながらポイントを選択して2日目も最大4本楽しみ
嘉手納へ帰航するのです。
去年は道中でイルカの群れに遭遇したり、ジンベエだぁー!!っと思って興奮したら漂流ゴミだったり・・・
長時間のクルージング中にもたくさんのサプライズがあるものです。
あとは海況が良い事を祈るばかりです!!

【参加条件】
・AOW以上のランク
・ドリフトSP保有
・エンリッチSP保有
・最終ダイブが3ヶ月以内
※Lv.4設定となりますので、エキスパートレベルでのドリフトダイビングができる方

少人数ツアーとなりますので、座席に限りがあります。
お早めのお問い合わせをお待ちしております!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.387 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved