2011 年 7 月 13 日

アドヴァンスド・オープンウォーターダイバー講習

はいさい!大谷です。

今日もスウィフトでケラマへ行ってきましたよ
お客様はいろいろな海を潜ってきているカメラ派ダイバーSさんと
昨日からアドヴァンスド・オープンウォーター(AOW)講習のTさんご夫婦は今日で仕上げに
3月に体験ダイビングでカメを見るはずが、海況悪くケラマには行けずに、夢叶わず、、、
しかし、5月にライセンス取得を決意してまたケラマに再挑戦!講習もバッチリとこなして念願のカメにもであうことができましたね。
そして今回はさらなるスキルアップ、遊びの幅を広げるためにAOW講習にチャレンジです!

今日は渡嘉敷の北側を潜ってきました!
~ポイント~
1.ヒージャーベイ(黒島)
2.タマナーファーム(儀志布島)
3.タートルリーフ(儀志布島)
気温:29度
水温:28度

山羊の事を沖縄の方言で「ヒージャー」と言います。天然の山羊が棲む無人島黒島にあるのが「ヒージャーベイ」
地形もサンゴも魚影も楽しめちゃう欲張りポイントです。
まずはここでディープ講習
OWDで行ける最大水深は18mまで。AOWを取得すると30mまでいけるようになります。
今までは見ることが出来なかった領域へ足を踏み入れることができます。
そこには深場にしか生息しない生物や水中洞窟、沈船などなど、、、
楽しみの幅がググンと広がりますが、その為には新たな知識や技術を付ける必要があります。
例えばディープダイビングだと水深が深くなるぶんエアの消費、浮力コントロールなども今までと変わってきます。
新たな知識をいれてから実際に海で体感して少しづつスキルアップをしていきます。
Tさんのディープダイビングの感想は、「透明度が良すぎて水深20mにいるとは思わなかった。」
透明度が良いのは嬉しいことですが、コレも深場へ行く際の注意点の一つですよね。
今自分が何mにいるのか?ちゃんとプラン通りになっているか、普段よりも気をつける事が大事ですね。

そして、2本目はナチュラリストを実施
普段は魚ばかりに目がいってしまいがちですが、水中環境を作っているのは他にも様々な動物や植物が存在します。
今回はそんな所を注目してたくさんの動物や植物を観察。
今までにはなかった新しい視点をもつことが出来ましたね!

ラストはタートルリーフでドリフトです
ポイント名通りにカメを数匹発見。
ちょうどお昼寝タイムのカメはじーくりと間近で観察できましたよ♪
残念なのは、カメラダイバーのSさんは1,2本目でバシバシ写真をとっていたらバッテリー切れになってしまいカメを撮ることが出来なかった事・・・
このポイントは時間帯によっては強く流れがでたりもします、今日は流れの緩い時間にエントリーしましたが
小さなイソマグロやナポレオンフィッシュも見ることができました♪
ほかにもキホシスズメダイやグルクンの群れ、ホンソメワケベラにクリーニングされて気持よさそうにしているブダイなどを皆さん興味津々に見ていましたね。

アオウミガメ慶良間ダイビング

3月の体験ダイビングからトントンと潜って今日見事AOW認定!!
おめでとうございます!
明日の慶良間も楽しみながらスキルアップです!
僕はSさんとジンベエダイビングへ行ってきまーす♪

AOW認定

エンリッチド・エアーナイトロックスダイビング

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.378 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved