2011 年 11 月 8 日

嘉手納でダイビング♪ – 沖縄本島近海

ハイタイ、山崎です。

今日は沖縄本島近海は、嘉手納近辺の海で潜ってきました。
色とりどりのサンゴが多く、生物も豊富な沖縄本島近海。なかでも、今日行った3つのダイビングポイントでは、慶良間も顔負け?の生き物たちにあってきましたよ。

今日のダイビングポイント:沖縄本島近海(嘉手納)
①水釜漁礁
②グリーンマーカー
③イナンビシ

お客様のリクエストは、「カメ!」。なかなか慶良間まで行かないと、カメポイントと呼べるほど遭遇率が高くないのですが、今日は、嘉手納近海にちょこちょこ出没しているタイマイを探しにでかけました。
砂地のガーデンイールや、スカシテンジクダイの群れを狙うミノカサゴなどを観察しながら、ソフトコーラルの根の上へ。すると、いたではありませんか、タイマイ君。
やはり慶良間のカメほど人馴れしていないので、スイスイっと泳いでしまいますが、動きのあるところが見られて、大満足!
イナンビシでは、最近出没しているというネムリブカを見に行きました。
かーなーり大きな個体!大きな体にコバンザメを二匹もつけて、岩の間でお休みしていましたよ。正面を向かれると、ちょっぴり怖いぐらい!

嘉手納にもウミガメがいます♪ さて、私はだれでしょう

グリーンマーカーでは、今日もハナヒゲウツボの幼魚が、元気にしているのを確認。
少しずつ、大きくなってきたかなぁ。小さな体を盛んに巣穴から出しては、私たちのことを威嚇していましたよ。ぜんぜん怖くないですけどね!

e382b3e38394e383bc-efbd9e-pb080399

甲殻類では、こんな子たちにも出会いましたよ。サンゴの合間を覗くと、いろんな生物が隠れているんですね。

e382b3e38394e383bc-efbd9e-pb080394 e382b3e38394e383bc-efbd9e-pb080412

クマノミパラダイスでは、ハナビラクマノミとセジロクマノミのハーフらしき個体や、クマノミがせっせと抱卵している卵の世話をしているところを観察しました。

マクロにワイドに。そして、珍しい生物も盛りだくさん。
慶良間もいいけど、私は嘉手納の海も大好きです!
明日は、背中にエンリッチド・エア(ナイトロックス)のタンクを背負って、慶良間でダイビングの予定。さて、どんなダイビングポイントを楽しんできましょうか。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.386 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved