2011 年 11 月 26 日

沖縄本島西海岸ボートファンダイブ

Filed under: 沖縄本島西海岸近海 — admin @ 10:49 PM

はいさい!大谷です。

今日は慶良間チームと同じ嘉手納漁港から出航しての西海岸ボートファンの2チームに分かれて潜ってきましたよ♪

大谷担当の近海ファンチームは午前の2本潜ってきましたー!
1.北谷遺跡
2.グリーンマーカー

名誉あるベストカップル賞(?)を授与されたお二人とまったりフォトダイブです。
今日はワイドレンズか、う~んマクロか。。。
悩むところですが、近海ポイントの特徴である両方とも撮りましょう!!っということでまずは、マクロレンズを装着してエントリーです。
北谷遺跡ポイントはTVでも特集が組まれて紹介されたことがあるのですが、いまだ数多くの不思議につつまれたポイントです。
城壁だったと思われるドロップオフを泳ぎながらまずはカメラの肩慣らしにアオギハゼを。
一見普通のハゼですがよーく観察するとその名の通り逆さまになって泳いでいるのが特徴です。
肩慣らしとはいえどこの生物をばっちりと撮影するにはちょっと難易度が高い。。。
しかーし!!大谷考案の必殺テクニックを使うとコンデジでもびっくりするくらいに綺麗に撮れるのです!!
あっ。。。僕はカメラを忘れてしまいその効果を証明をすることは出来ませんが、、、
知りたい方は是非聞いて下さい!

そして、ブリーフィングでも一番皆さんが興味を示したのが「ミカズキコモンエビの群れ!」
ここのポイントを以前潜った時に他のエリアではなかなか見ることができないミカズキコモンエビを発見
しかも群れているのです!!
そして、その場所まで行くと、、、あれ?
群れては居なかったですが、しっかりと数個体はまだいましたよ♪
ここでもじっくりと撮影できて本人はばっちりと撮れた!っと満面の笑みでした♪
棚の上に群生するソフトコーラルをワイドレンズで撮影して撮り続けた1Diveが終了です。

一度港へ戻り、ちょっと休憩をしてから次のポイントへ。
ここ最近いろいろな生物がみれてフォトダイバーにはとっても欲張りなポイントがグリーンマーカーです。
嘉手納から出航してわずか5分もかからずに到着するポイントですが、
長い根の上に群生するソフトコーラルには色とりどりな魚やウミウサギ貝、オラウータンクラブにバブルコーラルシュリンプなど慶良間ではなかなか見ることがない生物もたくさん!
今日はここのアイドルであるハナヒゲウツボの幼魚から始まってヒレナガネジリンボウのペアとそのすぐとなりに棲むヤシャハゼをこれまたじーっくりと撮影。
今日は狙っていた、とあるレアな生物見つけ出せなかったですが、探せばまだまだ色々な生物が隠れているかなりポテンシャルを秘めたポイントなのでした。

明日もスウィフトは出航します!
何がみれるか楽しみですね~♪

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.293 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved