2012 年 3 月 24 日

渡名喜ツアー//カメポイント・洞窟・ドロップオフをドリフト!!

Filed under: ドリフトダイビング,粟国・渡名喜 — admin @ 9:27 AM

はいさい!大谷です。

今年もやります!渡名喜ツアー!!

沖縄屈指の洞窟ポイント【ブルーホール】
自然が作り出した洞窟の中は暗闇が広がっておりライトを照らしながらひっそりと暮らしている夜行性の生物を見ることができます。
ここのポイントの1番の見所は洞窟内の天井に空いた穴から暗闇に差し込む光のカーテン
そして、出口に開いた大きな穴が言葉では表現できないブルーで輝いています。
洞窟の中からじっくりと、大きく開いた口を眺めると地形派ダイバーのみならずこのダイナミックさに誰もが感動するでしょう!!

渡名喜の目玉はブルーホールだけではありません!
ケラマではまず見ることができない特大サイズのアオウミガメ
普通の個体の2倍以上のサイズのカメが高確率で見られるポイント【アンジェラ口】
特大アオウミガメが大きな根の上でお昼根しているシーンをよく見かけることができます。
遭遇率は高く、大当たりの時には1diveで二桁の数を見ることができるのもこのポイントだけでしょう。
運が良ければぐるっと周りを見渡せば数個体もの特大カメが1度に視野の中に飛び込んでくる時もあります。
潮通しがよいポイントなので、アカモンガラが群れをなしていたり外洋を泳ぐサメや大物が見られる事もある渡名喜の中でも一押しポイント!

洞窟・特大カメ、、、
渡名喜の魅力はこれだけではありません!
断崖絶壁のドロップオフが迫力万点!魚影の濃さは渡名喜1番のポイント【グルクの崎】
潮の流れにのりながら進んでいくと、一面に群れるアカネハナゴイ・キンギョハナダイやカスミチョウチョウウオがこれでもかっ!っと集結!
沖合いへ目を向ければ、ブルーがキレイなグルクンやウメイロモドキの栄える黄色がブルーウォーターのなかで壁のように群れています。
ちょっと足を伸ばせば、ハナゴンベやスミレナガハナダイと深場好きな生物も生息しています。
他にもイソマグロやロウニンアジ・ナポレオンなども時折登場してくれるような
渡名喜ドリフトの代名詞的ポイントです。

沖縄ならではの醍醐味がギュッと凝縮された島。
それが渡名喜島
どのポイントも他では見ることができない強烈なインパクト!
地形派ダイバーからカメラ派・ドリフト好きにはたまらないポイントばかりです。

渡名喜ツアーの開催設定日

4月 22日

5月 19日 20日

6月 2日 3日    9日 10日 24日

そして・・・渡名喜1泊ツアー          

6月30日~7月1日 

ひとくちにドリフトダイビングと言っても 様々だと思います。
そこで大雑把ですが BFでは以下のような設定でチーム編成をすることにしました。
LV1 流れは殆ど無い。ENとEX場所が異なるお試しドリフト。
LV2 弱い又は一定方向の流れ。ドリフトビギナーでもストレス無く楽しめるレベル。
LV3 流れが強くても方向は読みやすい流れ。ドリフト経験のソコソコあるダイバー向け。
LV4 ドリフト経験の多いエキスパートレベルのダイバー向け。
LV5 プロレベル。かなり強い流れ、ダウンカレントやアップカレントの可能性もあるハードなドリフト

今回の渡名喜ツアーはLV3に設定させていただきました。
渡名喜1泊ツアーにかんしては海況によってはハードなポイントでのドリフトダイビングを行う可能性もあるのでLV4の設定で行います。

座席に限りがありますので、お早めにお問い合わせ下さい!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.307 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved