2015 年 5 月 26 日

エンリッチド・エアナイトロックスのあれこれ~基本知識編~

Filed under: ナイトロックス — admin @ 8:34 PM

はいさい!大谷です。

今日はエンリッチド・エアナイトロックス(以下EANx)の基本的情報についてまとめてみました。

世界的にはOWDの次に認定数が多いと言われているEANxですが日本でもここ数年でEANxを活用しているダイバーを多く見かけるようになってきましたね!
雑誌やダイビングの指導団体でもEANxを大きく取り上げて大注目となっているシリンダーです。
さて、では具体的にEANxとはなんぞや?!って所から簡単にご紹介!

1.日本で一般的に使わているEANxは酸素濃度が32%
→通常の空気では酸素濃度は21%、窒素78%、その他のガス1%ですが
EANx32では、、、酸素濃度を濃くすることによって窒素の濃度を低下させる事ができます。
つまり!
☆ダイバーの天敵、減圧症のリスクの軽減!
→減圧症のメカニズムは窒素が影響しています。窒素の量を減らす事によって減圧症のリスクをググっと軽減させます。
☆減圧不要限界が長くなるため20m~30mでの深度で空気よりも長く滞在できてじっくりと写真を撮ったりできる!
→安全の為にEANxを使用すると共に減圧不要限界が延長されるため、深場での滞在時間も延長する事ができます。1日のダイビング2,3本目でもしっかりと水深を取って楽しめるのもEANxの魅力。

実際にEANx32を使用したダイバーの声として聞かれるのは、、、
☆空気で潜った時よりも疲れにくい
☆ちょっと深い所に潜った時でも頭がぼーっとしない
☆潜ったあとに眠くならないから夜の外食も楽しめるようになった
などなど、、、
あくまでも個人的感想にはなりますので効果として実感がでるものではありませんが、そんな事を良くお客様から聞きます。

このEANxを使用するにはスペシャルティコースを受講するとファンダイビングで常時使用することができます。
講習内容は座学が中心となりますが、ブルーフィールドでは実際に2ダイブ潜って頂きEANxの使用法について具体的な講習を行ないます。

なぜ、講習を受けなければならないの??
☆酸素濃度が高くなることによって実は空気と違った手順やリスクが出てきます。
例えば、、、
→潜れる最大深度が浅くなる
これは酸素が多くなった事により酸素中毒の危険性が高まるからです。
32%のEANxですと、最大深度は約32m(携行しているダイブコンピュータによって若干の誤差があります)
しかし!
そもそも30mを超えるダイビングはディープSPを持っていないといけないし
そもそも30m以上に行くと今度はエアがもたないという別の問題が出てきます。
なので!
普段のダイビングからはこの酸素中毒と言うものにはさほど影響を受けません。

今やお出かけをしたらコンビニでミネラルウォーターを買いますよね?
なぜ、公園の水道水ではダメなんですか?

ダイビングも一緒です。
EANxを使用するのが普通になりつつあります。
空気でダメなわけではありません。
でもミネラルウォーターを買う派の方はダイビングではEANxを使う時代ですよ。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.330 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved