2015 年 4 月 20 日

コンディション悪くても楽しめる!

Filed under: 残波岬,沖縄本島西海岸近海,真栄田岬 — admin @ 6:28 PM

はいさい!大谷です。

昨日から強い風と波の影響でケラマまで渡ることができないコンディションに・・・
しかし!そこは中部の強み「本島西海岸」で楽しんできましたよ♪
北谷~恩納村周辺まで広範囲に潜る事ができる中部エリアはコンディションが悪くても
穏やかに潜れるポイントをチョイスすることができます。

昨日は残波岬周辺で地形三昧なダイビング
今日は真栄田岬でマクロ生物を中心にのんびりと楽しみました。

残波岬を楽しむにはアドバンス(AOW)やエンリッチの資格を持っているとかなり楽しめます。
25m付近に大きなクレパスや洞窟が多くダイナミックな地形があるのです。
ネムリブカや大きなナポレオンのすみかになっている穴もあり時には大物のチャンスも!!

真栄田岬はいまでは有名な洞窟ポイントが知れ渡っていますが
実は生物が豊富なんです。
深場に足を伸ばせばホタテツノハゼやヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウなどなどハゼてんこ盛り!
多くの甲殻類やスズメダイの群れに目を惹かれます。
この時期は初夏に向けて産卵シーズンとなっており、今日は求愛行動や卵の植え付けシーンを観察する事ができました。
経験本数500本のお客さんは7~8年ぶりの沖縄本島でのダイビング。
ココ最近はずっと海外で潜っていたそうですが改めて沖縄本島の素晴らしさを再認識した様子でした。
世界中を潜り込んでいるダイバーだからこそ、沖縄の本当の良さを感じる事ができたのかもしれませんね。
僕的には。。。
「今日はちょっと濁っているなぁ~っとエントリー時に思った」
お客さんは。。。
「透明度ばっちりだね!やっぱり沖縄はキレイやね~」
とのご感想
やはり世界に誇る沖縄はキレイなんだなぁ~としみじみと感じる・・・

基本は自社船でケラマや西海岸近海を!
コンディションやスケジュールによっては他のエリアへ明日を伸ばして!
中部だからどこに行くにも楽ちんです。

明日は到着後のダイビングされるリピーターさんと楽しんできます!

【2015年ドリフトツアーのお知らせ】

『粟国』
圧巻のギンガメトルネードにイソマグロ軍隊!!
上級者ダイバーを唸らせる大物ポイント

『渡名喜』
魚影の濃さ沖縄No.1
地形あり!群れあり!感動あり!!

4/19(日):粟国
5/23(土):渡名喜
5/24(日):粟国
6/6(土):粟国

【ツアー参加条件】
・AOW以上
・ドリフトSP保有
・エンリッチSP保有
・フロート、アラート、ライト、ミラー携行
・フリー潜降、中層でのホバリングが出来る
・多少揺れている船上でも安全に器材の脱着、エントリー、エキジットが出来る
・最終ダイビングが最低3ヶ月以内
「渡名喜」:流れが強くても流れの方向は一定の場合が多いです。上記項目を満たしており何度かのドリフト経験があるダイバー。
「粟国」:本格的なドリフト経験が豊富で、強い流れに逆らって泳げるスキルと体力があるダイバー。

『沖縄本島遠征ツアー』
7/17(金)までの期間では平日を中心に沖縄本島の遠征ツアーの開催が可能になる事が多いです。
辺戸岬や水納島、瀬底島、伊江島などなど。。。
コンディションが安定していて、予約調整ができた場合には開催を検討していきますのでダイバー仲間をお誘い合わせのうえリクエストを!
もちろん、お一人様でのご参加もOK!リクエストを頂ければ他のお客様への案内もおこなっていきます。
憧れのポイントへ行けるチャンスです!
・最低開催人数:4名
・参加前条件:リクエストエリアの方面によってお伝えさせていただきます。

※ブルーフィールドを初めてご利用される方はツアー前日までに一度スキルチェックの為に潜って頂く日程をお願いする事があります。
ご興味ある方はお気軽にお問合せ下さい。

担当:大谷

ブルーフィールドのフェイスブックページもチェック♪
~いつも心には海を~

大好評!エンリッチドエアーナイトロックス!!

エンリッチドエアって?どんなメリットがあるの?
・減圧症リスク軽減・楽しみの幅を広げる、などなど・・・
詳しくはクリック!

2015 年 4 月 16 日

真栄田岬でボートファンダイビング

Filed under: 沖縄本島西海岸近海,真栄田岬 — admin @ 7:15 PM

はいさい!大谷です。

今日は晴天!日焼け注意報です。

先週も潜っていた常連さんはまた今日から連日ダイビングのスタート!!
到着日の今日は真栄田岬へファンダイビングへ行って来ました。

エンリッチド・エアを担いで30m前後の砂地でハぜ狙いのフォトダイブをガッツリと楽しんできました!
砂地にはたくさんのヤシャハゼやヒレナガネジリンボウ、ヤノダテハゼなどなど
撮っている途中に引っ込んでも周りを見渡せば次のハゼがすぐに見つけられます。

今日はエンリッチド・エアの30~31%を担いでいたので減圧不要限界も空気で潜っているよりもグンっと長いです。
ボトムでじっくりと楽しんだあともゆっくりと浅瀬に向けて18mくらいまで行けばまたググっと減圧不要限界が延長されます。
ここでは甲殻類をじっくりと・・・カメラ好きにはたまらないダイビングですね~

明日はケラマへ行って夏のケラマブルーを堪能してきます!

【2015年ドリフトツアーのお知らせ】

『粟国』
圧巻のギンガメトルネードにイソマグロ軍隊!!
上級者ダイバーを唸らせる大物ポイント

『渡名喜』
魚影の濃さ沖縄No.1
地形あり!群れあり!感動あり!!

4/19(日):粟国
5/23(土):渡名喜
5/24(日):粟国
6/6(土):粟国

【ツアー参加条件】
・AOW以上
・ドリフトSP保有
・エンリッチSP保有
・フロート、アラート、ライト、ミラー携行
・フリー潜降、中層でのホバリングが出来る
・多少揺れている船上でも安全に器材の脱着、エントリー、エキジットが出来る
・最終ダイビングが最低3ヶ月以内
「渡名喜」:流れが強くても流れの方向は一定の場合が多いです。上記項目を満たしており何度かのドリフト経験があるダイバー。
「粟国」:本格的なドリフト経験が豊富で、強い流れに逆らって泳げるスキルと体力があるダイバー。

『沖縄本島遠征ツアー』
7/17(金)までの期間では平日を中心に沖縄本島の遠征ツアーの開催が可能になる事が多いです。
辺戸岬や水納島、瀬底島、伊江島などなど。。。
コンディションが安定していて、予約調整ができた場合には開催を検討していきますのでダイバー仲間をお誘い合わせのうえリクエストを!
もちろん、お一人様でのご参加もOK!リクエストを頂ければ他のお客様への案内もおこなっていきます。
憧れのポイントへ行けるチャンスです!
・最低開催人数:4名
・参加前条件:リクエストエリアの方面によってお伝えさせていただきます。

※ブルーフィールドを初めてご利用される方はツアー前日までに一度スキルチェックの為に潜って頂く日程をお願いする事があります。
ご興味ある方はお気軽にお問合せ下さい。

担当:大谷

ブルーフィールドのフェイスブックページもチェック♪
~いつも心には海を~

大好評!エンリッチドエアーナイトロックス!!

エンリッチドエアって?どんなメリットがあるの?
・減圧症リスク軽減・楽しみの幅を広げる、などなど・・・
詳しくはクリック!

2014 年 5 月 15 日

海況が悪くても!

はいさい。渡辺です。
今日は嘉手納からの船は欠航!!ですが、そんな海況の中でもダイビングを楽しめる場所を探し、行ってきたのが:真栄田、山田ポイントです。
6年ぶりのダイビングと言う、アメリカからお越しのお客様と、1本目はみっちりリフレッシュダイビング。2本目は完全なファンダイビング楽しんで来ましたよ。

サンゴの群生の中で群れている小さな魚を観察したり、面白い動きをする生物を観察したり。

この子はいつでも注目されるアイドルですね♪

最近は予報と実際の海の状況が違うことが多々ありますが、皆様に楽しんで頂けるようポイント探しますよ!!

~~過去のツアー・エリアの様子~~

粟国ドリフトツアー!!
☆ギンガメトルネードやイソマグロ軍隊など大物パラダイス

渡名喜ドリフトツアー!!
☆幻想的なブルーホールや日本屈指の魚影の濃さ

2隻運航・ファンダイブボート!!
☆混み合うGWでもファンダイバーらしく楽しんじゃう!レベル分けをしての2隻運航設定。去年の5月の様子は・・・

ダブルタンクツアー!!
☆2本のタンクを担いで深場で・・・今回の変態ツアーは好評だった恩納村の深場とエモンズを予定!

~~各ツアー 参加前条件~~

☆粟国ドリフトツアー
・AOW以上
・ドリフトSP・エンリッチSP保有
・フロート・アラート・ライト・ミラー携行
・かなり強い流れの中でも泳げる方
・3ヶ月以内にダイビングをしている方
・初めてブルーフィールドをご利用される方は前日までにチェックダイブを行ないます。
レベルによってはお断りさせて頂きますので、ご了承下さい。

☆渡名喜ドリフトツアー
・AOW以上
・ドリフトSP・エンリッチSP保有
・フロート・アラート・ライト・ミラー携行
・流れの方向は読みやすいが時として強い流れの中でも泳げる、ドリフト経験がそれなりにある方
・3ヶ月以内にダイビングをしている方

☆ダブルタンクツアー(恩納村・エモンズ)
・AOW以上
・レクリエーショナルダブルシリンダーSP保有(またはそれと同等の資格)
・エンリッチSP保有
・ディープSP保有
※現在ダブルタンクのSPを持っていないが、興味がある方はご連絡下さい。

●担当:大谷

2013 年 10 月 8 日

台風が去って

Filed under: 真栄田岬 — admin @ 7:22 PM

はいさい!
土門です。
昨晩通過していった台風24号ですが、嘉手納町周辺では大きな被害はなく(小さな被害も耳に入っていませんが)朝を迎えました。
店では早速 通常営業が可能な状態への復旧作業が始まり、続いて港側も作業開始。

どんどん平常モードになってます。

一方 先月の来沖時に台風で 目的のケラマに行けずリベンジを誓ったものの
刻一刻変わっていく状況に「で、飛行機は飛ぶんだろうか?着いたは良いが潜れるんだろうか?」
と、不安いっぱいのなか来沖したお客さん。

僕らの予想は「今回の台風は早足だったので回復も早いんじゃないかな」です。

そんな予想と実際港から見る海も(結構大きなうねりはありますが)大丈夫そう。
朝一で確認をしてきたという恩納村のショップスタッフからの情報も得て 潜ることに決定! 
早速 真栄田に行ってきました♪

普段日本海で潜っているということですから沖縄の生物は新鮮ですよね~。

僕も伊豆メインで潜ってたので沖縄に来て最初の頃はハマクマノミに興奮し
ハタタテハゼの写真を撮りまくってましたね~。
今でも ハタタテハゼの目の周りの青い点々をいかに美しく撮るか?なんてテーマで撮ったりしてますけど。

アオブダイ、ツバメウオ、グルクン、フエヤッコ、サザナミヤッコ、アブラヤッコ
ヒフキアイゴ、ミナミハコフグの幼魚、などなど たくさんの生物で楽しんでいただきました。

明日は 念願のケラマに行けるでしょうか?

無理して行って 怪我をしたり船酔いでダウンしっぱなしでは意味ないけど
楽しみにしているだけになんとか穏やかになってほしいですね。
慶良間行き、叶えてあげたいなぁ。

2011 年 11 月 4 日

沖縄到着→ボートファンダイビング

はいさい!土門です。
今日到着の親子ダイバーのお二人と一緒に前兼久からのダイビングをしてきました。
何度も来沖されているけど、北谷より北で潜るのは初めてというお二人でした。
①真栄田岬 洞窟
②山田ポイント

言わずと知れた洞窟ルート。
水面は波が立ちビーチエントリーだとちょっとしんどい感じですが ボートなのでそんなことも感じません。
入ってすぐにツバメウオがお出迎え。その後クレナイニセスズメを紹介したりしながら洞窟へ。
実は地形のダイビングが大好きというお父さんは1本目はかなり楽しんでいただけたそうです♪

2本目は山田ポイント。
トウアカクマノミについてブリ0フィングで熱く語った後のエントリー。予定通りトウアカを目指してその後ヨスジフエダイやアカヒメジのまつサンゴゾーンへ。

ヨスジ

さらにさらに 意外な場所でガーデンイールを発見してテンション急上昇の土門でしたが、お客さんには伝わらなかったです。残念。

さて今回は1年ぶり以上という方がいらっしゃいましたので  リフレッシュメニューもあわせて開催でした。
1本目まずはセッティング。ほんの少しの間違い以外は問題なく完了。

そして水中。

久しぶりのダイビングだと勘が戻るまで水中のバランスが取りにくかったりするもんですがお二人ともとっても上手でした。
中性浮力もばっちり。

さてさて ただ単に潜るだけならリフレッシュなんていらないのかもしれません。体験ダイバーにリフレッシュは必要ないですもん。
でも 自分の行動に責任を持ってバディと安全なダイビングを遂行するためには認定ダイバーとして「いざという時」にどんな行動をしなければならないのかがわかっていることは重要。
BCDの操作、エア切れ緊急手順についてなど 思い出しておくことはとっても大事ですよね。

そうかといって 遊びに来たのに「講習として潜るのは嫌だなぁ」と思うのも当然。
ブルーフィールドのリフレッシュは 2本又は3本のダイビングの間に必要なスキルを分散して開催してゆきます。
ファンダイビングの時間は削らずに安全停止の時間やちょっと早くエントリーしたりして行いますので、リフレッシュもするけどファンダイビングでしっかり遊ぶ事ができます。

リフレッシュを提案すると躊躇する方がいらっしゃいますが ストレスなく快適にダイビングを楽しむためにも是非リフレッシュメニューにご参加くださいね♪

2011 年 10 月 15 日

沖縄近海から慶良間まで。エンリッチド・エアを使って縦横無尽に。

ハイタイ、山崎です。

今日の沖縄は、あいにくの雨模様。
しかし、海のなかに入ってしまえば、雨なんか気にならず、といえばいいすぎかも知れませんが、渡名喜、慶良間、そして沖縄本島近海と、多方面で楽しんできましたよ。

しかも、ドリフトメインの大谷担当の渡名喜ツアーはもちろん、スウィフト号での山崎担当慶良間チームにも昨日エンリッチド・エア(ナイトロックス)SPを取得したばかりの方、そして土門率いる近海チームはエンリッチド・エアSP開催中!
体内に窒素がたまりにくく、減圧症のリスクを軽減した、ナイトロックスならではのダイビングを楽しんできましたよ♪

渡名喜ツアーの報告は、またいずれ機会をあらためるとして。。。
今日は土門担当のエンリッチド・エア(ナイトロックス)講習チームから、写真をいくつかご紹介♪

実は、青の洞窟だけでなく深場にもハゼなど見どころがある真栄田岬や、だらだらーっと砂地を降りていった20mほどにトウアカクマノミが住んでいて、ピカチューウミウシやニシキフウライウオがときによって現れる山田ポイント、ぐーんと落ちる地形が醍醐味のホーシューなど、恩納村発の本島近海ダイビングポイントはエンリッチド・エアの利点を生かせるところがいっぱい。

個体数が少なく、いるだけでポイントの顔となる、トウアカクマノミ。日本語だと、頭が赤いクマノミ。英語だとPanda Anemonefishとか、Saddleback Anemonefishといいます。Saddleback とは、「鞍がある」という意味なので、背中の白い模様が「鞍」のように見えるからでしょうか。
今、卵を抱卵しています。一時期、トウアカくんが1匹で寂しそうにしていた時期があり、心配しましたが、今は家族がいます。かわいい子供たちが産まれるといいですね。

トウアカクマノミ 抱卵中 pa150027

真栄田のブイでは、かわいいテングカワハギが居ました。
テングカワハギはサンゴを専門に食べ、サンゴ礁が健康な海にしか住むことができません。特に、ミドリイシの種類が好きなようで、今までの研究データでは、ミドリイシが絶滅した海に住んでいたテングカワハギはあっという間に絶滅したそうです。
テングカワハギが見られるということは、そこがサンゴの元気な海である証拠。うれしくなりますね。

テングカワハギ 

慶良間チームは、タイマイ、アオウミガメと、カメ三昧。
サンゴ礁といえば、ハナヤサイサンゴやアオサンゴ、キャンドルみたいなパラウハマサンゴが目を引く黒島北を堪能し、リーフと砂地が交差する儀志布島もたっぷり潜ってきました。
カメ以外にも、大きなドクウツボやタコにびっくりしたり、ツユベラやクマノミのかわいい幼魚を観察したり。
山崎は、最近ヨコシマクロダイの幼魚がかわいくてしょうがありません。

各地で水温・気温がぐっと下がるなか、沖縄はまだ26度もありますよ。
皆さんも、お気に入りの魚に会いに、沖縄の海に遊びにいらしてください♪

2011 年 5 月 11 日

台風だけど・・・のんびりダイビング!

ハイタイ、山崎です。

現在、沖縄に台風一号が大接近中。
外はビュービュー風が吹いています。残念ながら、今日ばかりはビーフラップ号もスウィフト号も欠航。
今日は、恩納村方面で、ダイビングを楽しんできました。

今日の皆様は、ダイブマスター講習中の方、ファンダイビングでPPB(中性浮力)のスペシャリティ(SP)を受講中の方、そして体験ダイビングに参加の方と、バラエティに富んでいます。
案の定、港につくと、雨風がすごい!ダイビングを始める前からびしょ濡れ!
しかし、「それならばこの状況を楽しんじゃえ!」ということでなんだか盛り上がる一行。目指すダイビングポイントは小舟で5分。

今日のダイビングポイント:
沖縄本島
①山田
②真栄田岬

さぁて、ダイビングへ!

体験ダイビングにご参加の方は、実は昨日「初めての海」で、「初めてのスノーケル」にチャレンジ。
「ダイビングが好きになるかどうかは山崎さんにかかっているんです!」とプレッシャーをかけられます。
説明は器材を使ってゆっくり分かりやすく。それから、もしも何か起きたときの対処法。そして、水面でゆっくりと呼吸の練習します。そして、まずはちょっとだけ潜ってみる。ドキドキが取れるまでゆっくり呼吸。そして、笑顔でOKサインがでたら、ゆーっくり耳抜きしながら潜降します!
最初は何もかも初めての体験だから、やっぱり緊張しますよね。
しかし、かわいいクマノミくんたちを見たとたん、体の緊張がほぐれます。

ハナビラクマノミ!

ここには、「ニモ」ことカクレクマノミ、クマノミ、ハマクマノミ、セジロクマノミ、ハナビラクマノミなど、各種のクマノミが浅いところに住んでいます。
共生しているイソギンチャクには、よーく見るとエビやカニが住んでいることも。
ちょっと足を伸ばすと、サンゴの養殖をしているエリア。なんか不思議な光景。すくすく育っている赤ちゃんサンゴもあり、大きなサンゴもあり。うれしいですね。
実は、船に帰る途中でキャラメルウミウシが泳いでいるところもみちゃいました♪

2本目は、あいにくの雨風で船が欠航になり、渡部率いるファンダイビングチームはビーチエントリーで真栄田岬を堪能。
中性浮力の講習(PPB)の仕上げをしている横で、ダイブマスター候補生の方はじっくり水中MAPの作成。
ここでは、なんと念願のオオモンカエルアンコウにも会えたようです。後でじっくりその水中MAPを使って、居場所を教えてもらいました!ラッキー。

p5110529

帰りには、読谷の58号線沿い、「ゆいまーる」でおいしいご飯をいただきました。写真はソーキ定食。これで800円。
沖縄そばもおいしいし、フーチャンプルーやナベの味噌煮もとっても美味しい♪そして、とっても量が多い!
お腹を満杯にしたあとは、ちょっと酷な(?)学科の宿題も終わらせて、達成感いっぱいの一日でした。

台風でも、風向きが悪くなければ、潜ることもできるんです。また、そんなときだからこそ、講習をみっちりするのも手。
皆さん、これから夏のダイビングを楽しむ前に、ステップアップ講習はいかがですか?

今ならオススメは、なんといってもエンリッチド・エアSP講習です!

2010 年 10 月 25 日

3Daysダイビングのススメ。

ハイタイ、山崎です。

天気予報では、明日から崩れる模様。。。
もう10月も終わりに近づきましたが、台風がまた来ていますね。
明日以降の予報を見ると憂鬱ですが、とりあえず今日は晴天!海もまたまた絶好のダイビング日和♪

スウィフト号はケラマへ向かい、エンリッチドの講習をしながら楽しく潜ってきたようです。
一方、山崎チームは、先日からの続きでイタリア系アメリカ人のおじさまとマンツーマンで沖縄本島近海とジンベイザメダイビングを楽しんできましたよ!
ジンベイザメはもちろん、かなりレアなものも見れちゃったのでご報告しましょうねー♪

ジンベイザメダイビング+沖縄本島近海ボートダイビング
①真栄田岬 青の洞窟
②真栄田 ツバメの根から洞窟前
③ジンベイザメダイビング♪

絶好のダイビング日和!(沖縄 真栄田岬) pa250015

この時期ならではの沖縄のダイビングの醍醐味!それは、人数比が少なくなることでしょう。
気温は29度。水温は28度、まったくもって寒くない。風向きさえよければまだまだ夏。
普段から少人数制のブルーフィールドですが、今日なんかはマンツーマンです。じっくりリクエストをかなえるべく面白い生き物を探します。
今日の真栄田岬はほどよく流れており、1本目は洞窟へ。2本目はツバメの根からアンカードリフトして広範囲を周りました。

今日のGiorgioさんは、アメリカに住んでいるので、カリブ海では潜りなれている200本ダイバー。しかし、アジアの海は初体験。どんな生き物が見られるのか興味シンシン。
先日は嘉手納近海、そしてケラマを楽しんできました。
よく、海外の方の潜り方を見ていると、マクロ派が少なかったり、ガイドも大まかにルートを案内して安全管理をする、ていうスタイルが多いみたいです。
そのイメージのまま沖縄に来て、ブルーフィールドで潜ると、しっかり生息する生き物のブリーフィングをして、スレートに生き物の名前や特徴を書きながら案内するスタイルにビックリするようです。

もちろん好みにもよりますが、Giorgioさんは、しっかり見た生物のことを知りたい方なので、水中でもあれやこれやと質問攻め。
そんななか、今日はなぜだかモンハナシャコDay?あちらこちらをモンハナシャコが走っていて、今日は真栄田岬の2ダイブで4匹くらい見ました。

それからそれから。。。

タツウミヤッコ発見!(沖縄 真栄田岬) セダカギンポ (沖縄本島 真栄田岬)

タツウミヤッコも発見!最初は、「ヨウジウオ?」「デカっ」「毛がはえてる?」
そう、ヨウジウオ科の中でも稀種の子なのです。超ラッキー!結構動いていましたよ。

他には、英語ではLeopard Blennyという、セダカギンポや、数匹見たオランウータンクラブもお気に入りだったようです。
流れがあったせいか、ツムブリの群れやグルクンの群れもぐるぐると元気よく、マクロもワイドも楽しめましたよー♪

青の洞窟!(沖縄本島 真栄田岬) ツバメウオくんたち(沖縄本島 ダイビング)

午後はジンベイザメダイビングで締めくくり。
今は3匹もジンベイザメがいるし、潜っているダイバーの数も夏のトップシーズンと比べたら断然少ないので、見たい放題!
こーんなに寄れますよ!触れそう!っていうか食べられちゃいそう。

ジンベイザメが接近!(沖縄本島 ジンベイザメダイビング) ド接近!(沖縄本島 ジンベイザメダイビング)

ブルーフィールドのお勧めダイビングスタイル- いろいろありますが、3Daysはとってもオススメです。

3Daysキャンペーン (ジンベイザメプラン)

慶良間諸島・沖縄本島近海・ジンベイザメダイビングの3つの組合せで潜っていきます。
今回のGiorgioさんの例をとると、
初日: 嘉手納近海で2本
2日め: ケラマ諸島で3本
3日め: 真栄田岬周辺2本とジンベイザメ1本

まさに、いいとこどり!
見られる生物も、マクロからワイドまで。
迷ったら、3Days!時間がなければ2Days!
ブルーフィールドのスタッフに「おまかせ」のポイント選択で沖縄ダイビングを満喫しませんか?

2Days / 3Days ケラマ・沖縄本島近海 キャンペーン

最後に。。。
土門チーム率いるスウィフト号チームは、エンリッチド・エアも使いながら、タマナーファーム・トウマ・アリガーというなかなか魅力的なポイント選択で潜ってきたようです。
サメも見たんですって。いいなー♪ほんと、

沖縄はポイントが多いから、迷っちゃいますね。

エンリッチド・エアでいってきまーす♪(沖縄 慶良間諸島ダイビング)さぁ いっくぞー♪水中の様子でーす

ネムリブカ (慶良間諸島)

エンリッチド・エアーナイトロックスダイビング

2010 年 10 月 21 日

久しぶりの真栄田です♪

はいさい!土門です。

毎年、遊びにいらしていただいているお二人と真栄田岬に行って来ました。

これから潜りますよ~

昨日も北のうねりが入っていて、近海ボートチームは残波行をあきらめたので 同じく北のうねりに弱い真栄田岬もちょっと心配していました。

案の定、ビーチからのエントリーはNG。クローズになっていましたが、ボートでのアプローチはOK。(けっこう水面はうねりで大変そうでしたが)
①真栄田岬 青の洞窟
②真栄田 ブイ

どちらのポイントも 驚くほど透明度が良くて水面から20m下の地形が分かるほど。曇り空じゃなかったら最高にキレイだろうな~~~と思いながらの2本でした。

洞窟の中の魚影の濃さに驚き、ソリハシコモンエビの透き通った体にわくわくしたくさんのクマノミの仲間たちと遊びましたよ~
もちろん 真栄田といえば!のツバメウオもたくさん群れてました。
そうそう!テングカワハギもいましたね。

クマノミ観察中ツバメウオ

残念なことにレイシガイ(サンゴを食べちゃいます)が食べて真っ白になったサンゴも目に入ったし、オニヒトデの小さいのもいました。もちろん駆除しましたよ。ー

明日は他の仲間と合流との事でしたが 皆さんで沖縄を満喫していってくださいねー♫

2010 年 9 月 13 日

今日の真栄田^0^

今日の真栄田岬はとっても穏やか^^
そして、水も凄く綺麗でしたよ☆
午前中はリピーターさんのMさんとボートで真栄田周辺へ行ってきました!!

青の洞窟
山田ポイント

1本目!ボートから海を見ると水底まで綺麗に見えて、ツバメウオが泳いでるのもはっきりと見えましたよ^^
早速エントリー!いやー透明度いいですね^^洞窟へ行く前にはイロブダイの幼魚やマダラタルミノ幼魚等♪
p8270123
やっぱり赤ちゃんは可愛いですね☆そして、洞窟の中ではハタンポやアカマツカサの群れが出迎えてくれました!
2本目!ここではトウアカクマノミやニセアカホシカクレエビ、イシヨウジ等^^
サンゴにはデバスズメダイが群れていました☆

体験チーム!
p9130181
仲良し親子☆体験チームはビーチから^^前回は砂辺で潜られたお二人とか♪
今日は初真栄田!!ではではエントリー☆お二人ともとっても上手^^スムーズに水中へ!
クマノミをじっくりと見ていると、たくさんの魚に囲まれ。。。ツバメウオも真横を通っていきましたよ♪
明日は慶良間で潜られるお二人!明日は何に会えるかなー!?

エンリッチド・エアーナイトロックスダイビング

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.506 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved