2010 年 12 月 17 日

ビーフラップ 世界遺産の島へ 《新艇回航紀-8日め》

Filed under: ビーフラップ,ブルーフィールドのお話 — admin @ 7:39 PM

3泊お世話になった、志布志港を後に、ビーフラプは屋久島へ。

どうやら今日から新しいクルーが合流したようですよ。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

屋久島より水野です。

淡路島を出て8日目
昨日までの時化はおさまり快晴の志布志港です。
天気予報を信じ昼から屋久島に向けてビーフラップは出航しました。

種子島を左に見ながら4時間後にビーフラップは屋久島へ到着

明日からコンディション回復します。

本当に回復したら
明日はトカラ列島満喫の旅にでようと思っています。

携帯の電波不調により楽しい写真は送れませんでした。

屋久島  より

水野でした

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

屋久島は携帯電話の電波状態が悪いらしく、今日は、写真が3点しか送られてきませんでした。

ca3e0306
屋久島で一息つくビーフラップ。太陽を浴びて気持ち良さそう。。

おっと。何故かスノーケルを楽しもうとしている二人。

ca3e0310

今日から乗船の新人クルーは元気そうですが、もう1人はさすがに8日間の疲れが見えますね。

ca3e0311

あらっ。意外と足取りは元気そう・・・。
屋久島の水中の報告は、明日にでも。

ついに屋久島まで、来ましたね。
地図を見ると、やっと半分を少し過ぎたところなんですが、予報上はこれから2,3日海況が良さそうなんです。
順調に行くと、19日の午後、ビーフラップは嘉手納に到着です。
ただ、今までと違い大きな陸地沿いではなく大海原の航海になります。
みんな疲れてると思いますが(1人を除いて)、安全に慎重に進んでくださいね。


ferr_bt
1210
12111
1213
1213_1
1214
1215
1216
12171

社員旅行で沖縄ダイビング

はいさい!
土門です。

今日は新潟から社員旅行でいらっしゃったという3名のお客さんとファンダイビング&体験ダイビング。
ファンダイブは土門担当、五十嵐が体験ダイビングの担当でした。

今朝は恩納村方面のお迎えは土門が担当させていただいたのですが 車内でのトークは昨晩の飲み会の話と あまり寝られなかったような
内容に ちょっと不安がよぎります。

ダイビングの大敵は「過労」と「寝不足」    ←耳抜きが出来にくくなるんです。

しかし そんな事件は他に部屋での出来事だったと知り 一安心。

以前ケラマで潜ったことがあり 透明度の良さにもう一度行きたいと思っていたそうなんですが、今回は海況が思わしくなくケラマは断念。
しかし、近海の面白さについての説明を受けて、「近海でもいろいろ見られるんですよね♪」とテンションは高まりつつ嘉手納店に到着。

書類を記入した後、ウエットスーツのサイズあわせをして 早速船へ。
出航準備が整ってからはあっという間に ポイント到着です。
水面はちょっと ちゃぱちゃぱしているので いつものようにスノーケリングからはじめると波酔いしてダイビング所じゃなくなってしまうかもしれない。
ってことで 十分な説明の後 最初からダイビングをすることに。
集合写真でーす

さすがにはじめは緊張したそうですが ある程度の深さに行ってからは楽しくて仕方ないって感じ。
マスク越しの目がすんごく楽しそうで、それを見ているこちらまでたのしくなっちゃうほど。

水中でも声が聞こえてましたよ~

船に戻ってからは若干 船酔いもあったみたいですが 休憩の後、オプションダイブも皆で一緒に潜っちゃいました。

なぜその表情???カクレクマノミの所で
クマノミもたっぷり、モンガラカワハギやホウセキキントキ、ロクセンスズメダイやクロスズメダイ、アオヤガラとかチョウチョウウオとかもたっぷり見ちゃいました。

すっかり慣れた感じですおぉシルエットぉ

また 遊びに来てくださいね~~

HTML convert time: 0.408 sec. Copyright (C) 1998-2008 Bluefield co;ltd All Rights Reserved